コラム

Column

事業承継のメリットは

事業承継には、社内承継する場合とM&Aで解決する場合とがあります。それぞれについてメリットを見ていきます。
社内承継には親族承継と従業員承継とがあります。親族承継とは、経営者の子供や孫や甥や姪といった経営者の親族に事業を承継することです。親族承継をするメリットとしては、現経営者が元気なうちに指名した親族が後継者になることで、スムーズな経営の引継ぎを行うことができ、また、社内の従業員や顧客や仕入先からも受け入れやすいことが挙げられます。また、現経営者は事業承継後も自社株式の一部保有や経営してきた経験から、一定の影響力を持ち続けることによって、会社経営への一貫性を保つこともできます。次に、従業員承継ですが、現経営者に親族での後継者がいない場合には、会社の内容を熟知している従業員が事業承継することであり、役員や役職者から後継者を指名することになります。従業員承継のメリットとしては、会社の業務内容を良く知っている従業員が後継者になることによって、現経営者が培った会社の経営方針や事業内容をよく理解していることから、経営者が変わったからといって業務が停滞することはなく、また、会社経営の一貫性も保たれることになります。
M&Aとは、後継者問題で社内承継では解決できない場合に、他社に事業を売却することによって、経営自体を任せてしまうことです。M&Aには、合併や買収といった形態があり、買収には株式取得や事業譲渡や会社分割といった形態になります。中小企業のM&A形態として、多くは現経営者が株式を売却する場合がほとんどで、この場合には基本的には事業や従業員はそのまま引き継がれることになります。M&Aを行うことのメリットは、現経営者側としては後継者問題が一挙に解決することで事業内容や従業員の雇用が守られることになります。また、業績が振るわない企業の状態であれば、支援者が見つかり資金提供をいただければ、信用が回復した結果、顧客や仕入先への不安が解消されることになります。M&Aによって、株式を売却した結果、現経営者の個人保証による資金の返済ができることで、貸し付けから解放されること、退職金の受け取りによる引退後の生活資金を手にできることで経営者側には大きなメリットがあります。