コラム

Column

事業承継とは何ですか?

事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことです。

中小企業および小規模事業者の経営者は、近年、高齢化が進んできていて、現在、65歳以上の経営者は全体の4割程度を占めるまでに至っており、あと数年で多くの中小企業および小規模事業者では事業承継する必要がある時期を迎えます。大企業であれば人材が豊富で、また教育プログラムが充実しているので次期経営者への引継ぎは比較的スムーズに行うことができる場合が多いのですが、中小企業および小規模事業者では人材としては業務をこなす従業員はいるのですが、経営者にふさわしい人材となると事足りないということで、事業を引き継ぎたくても引き継げないという理由になっています。

従来は、経営者の子供や孫や親族が家業を継ぐという考え方が一般的だったのですが、最近は、例え子供や孫や親族がいたとしても、継ぎたくないというケースが非常に増えてきています。

しかしながら、後継者がいないからといって業績のある会社を辞めてしまうわけにもいかず、従業員の生活も懸かっているので、会社を続けていくためにも経営者は事業承継を考えていくことになります。子供や孫や親族が継がないとなれば、次の候補としては、従業員の中から選ぶという方法、従業員の中に適当な人がいない場合は、外部の第三者に引き継ぐことになります。後継者を子供や孫や親族あるいは従業員の中から選ぶことは、その会社の状況を把握している人が経営者になるので、比較的スムーズに事業承継ができると考えられますが、社外の第三者に任すとなると、経営者の思いをうまく引き継いでくれるかというのが懸念材料になります。実際に事業承継を行うとなれば、後継者育成に5年~10年はかかると言われていますので、一刻も早く着手する必要があるのですが、現在の仕事をこなすので精一杯で手が回らない、事業承継の始め方や進め方がわからない、どのように勉強して、だれに相談すればうまくいくのかわからないというのが現実なのではないでしょうか。

事業承継後の形として、従業員をどのように雇用していってもらうのか、今まで築いてきたお客さまや取引先や金融機関との信頼関係の再構築をどうしていくのか、市場に与える影響はどうなるのか、また、事業承継にかかるコストはどれぐらいになるのか、といったもろもろの解決していかなければならない課題が山積みとなっています。